トロント・ドミニオン、クライスラーF買収で協議中-関係者

カナダ2位の銀行、トロント・ド ミニオン銀行は、米投資会社サーベラス・キャピタル・マネジメント 傘下の自動車金融会社クライスラー・ファイナンシャルの買収に向け 協議している。事情に詳しい関係者3人が明らかにした。週内にも合 意に達する可能性があるという。

クライスラー・ファイナンシャルは、純資産と同額の約60億-70 億ドル(約4950億-5770億円)で売却される可能性がある。情報が 非公開であることを理由に、同関係者の1人が匿名を条件に明らかに した。トロント・ドミニオンとの交渉が不調に終わる恐れもあり、他 の複数の買い手候補もサーベラスと協議している。合意は来週にずれ 込むこともあるという。

同関係者によると、サーベラスはクライスラー・ファイナンシャ ルへの投資資金を全額回収し、一部を投資家に還元する公算が大きい。 クライスラー・ファイナンシャルの資産は、既存の自動車ローン債権 やローン事業に必要なテクノロジーなどが中心。

トロント・ドミニオンは米国事業の拡張に過去6年間で200億カ ナダ・ドル(約1兆6400億円)強を投じた。米メーン州からフロリダ 州に至る地域で展開している支店数は1300店で、カナダ国内より多い。

同行広報担当ウォイテク・ダブロウスキー氏は、うわさや憶測に はコメントしないと説明した。サーベラスの広報担当ピーター・デュ ーダ氏からのコメントはこれまでのところ得られていない。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE