アイルランド政府:来年度予算案、きょう議会提出-歳出削減、増税へ

アイルランドのレニハン財務相は 7日議会に提出する2011年度予算案の中で60億ユーロ(約6600億円) 規模の歳出削減・増税策を打ち出す。同国の財政と銀行支援のための 国際的救済策を確実にしたい考え。

レニハン財務相はダブリン時間7日午後3時45分(日本時間8日 午前零時45分)に予算案を提出する。欧州連合(EU)はアイルラン ドに対し財政赤字を今年の対国内総生産(GDP)比約12%から15 年までに同3%に削減するよう求めている。

アイルランドは先月、EUや国際通貨基金(IMF)からの850 億ユーロの国際的支援の受け入れで合意しており、この支援を確実に するには予算案の議会通過が不可欠となっている。独立系のマイケ ル・ローリー議員が6日遅くに予算案を支持する考えを示しているた め、アイルランド政府は議会で一連の緊縮財政措置の承認を得られる 公算が大きい。

グッドボディー・ストックブローカーズ(ダブリン)のチーフエ コノミスト、ダーモット・オリアリー氏は「予算案を片付けてしまい たいという意欲があるように感じられる」と述べ、「予算案は議会を通 過するだろうが、来年の早い時期の総選挙後に政治的なリスクが高ま る可能性がある」と予想した。

カウエン首相は予算案の支持を確保できれば、来年2月にも総選 挙を実施する方針を示している。サン紙が今月2日報じた世論調査結 果によると、各党の支持率は首相率いる共和党が13%に低下した一方、 統一アイルランド党は32%、労働党は24%、シン・フェイン党は16% だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE