米上院、対中制裁法案可決も-米議員らが中国副首相に書簡

米上院は下院に続き、中国に人民 元切り上げを迫るための対中制裁法案を可決する可能性がある。30人 の米上院議員が6日、中国の王岐山副首相にあてた書簡で明らかにし た。

超党派の上院議員らは、胡錦濤国家主席が来年1月にワシントン を訪れる前に、中国が人民元の大幅上昇を容認するよう望んでいると 記した。また今月のワシントンでの米中合同商業貿易委員会(JCC T)会合で、牛肉などの貿易や著作権物保護、政府調達に関する米国 の懸念に対応するよう王副首相に呼び掛けた。

ボーカス米上院財政委員長(民主、モンタナ州)は6日の発表資 料で、「米中両国が引き続き力強く成熟した経済関係を構築できるよ う中国がこれらの問題で前進すべき時だ」と指摘した。

王副首相は14、15両日に開かれるJCCT会合で、ロック商務 長官、カーク米通商代表部(USTR)代表と協議する予定。同会合 の議題には通貨問題は含まれない。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE