社会科学院研究員:中国の金融政策変更でリスクは後退へ-Cデーリー

中国が金融政策を「穏健(慎重)」 に変更したことで、金融リスクは後退し、金融安定化が進み、物価は正 常な水準に戻る。同国社会科学院の研究員、易憲容氏が7日付のチャイ ナ・デーリーへの寄稿文で指摘した。その中で同氏は、今回の金融政策 のシフトは、流動性のより良い管理と妥当な信用の伸びを維持していく との中国当局の決意を示すものだと記した。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 小針章子 Akiko Kobari +81-3-3201-8879 akobari@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE