NY金:終値ベースで最高値、通貨への不安で買い-1416.10ドル

ニューヨーク金先物相場は上昇。 1オンス=1416.10ドルと、終値ベースで最高値を更新した。米国 が量的緩和を拡大するとの観測と、欧州の債務危機が深刻化するとの 懸念から通貨に替わる投資先として金の魅力が高まった。

バーナンキ米連邦準備制度理事会(FRB)議長は国債購入額が 先月発表した6000億ドルを超える可能性があるとの見解を示した。 欧州当局はソブリン債危機に歯止めをかける方法をめぐり意見が分か れた。金はユーロ建て、ポンド建てでそれぞれ最高値を記録した。

ラサール・フューチャーズ・グループ(シカゴ)の金属トレーダ ー、マット・ジーマン氏は「通貨の価値低下は新たな標準となった」 と指摘。「それがある限り、投資家は紙幣に対するヘッジとして金属 を買うだろう。金がさらに上値を追うのは明白だ」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物 2月限は前営業日比9.90ドル(0.7%)上昇した。一時は1422.40 ドルまで上昇し、11月9日に記録した取引時間中の最高値1424.30 ドルまであと1.90ドルに迫った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE