ECBのドラギ氏:ユーロ導入国の国債スプレッド拡大は行き過ぎ

欧州中央銀行(ECB)政策委員 会メンバー、イタリア銀行(中央銀行)のドラギ総裁は、欧州債務危 機がユーロの存続を脅かしてはいないとの認識を明らかにした。また 一部ユーロ導入国の国債プレミアム(利回り上乗せ幅)の急速な拡大 は「行き過ぎ」との見方を示した。

ドラギ総裁は、イタリア銀行の金融安定化報告に関する記者会見 で、「ユーロは議論されていない」と発言。「ユーロは、欧州統合の過 程で最大の成功の一つであり、すべての国が驚くべき恩恵を受けてき た」と語った。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 城塚 愛也 Aiya Shirotsuka +81-3-3201-2482 ashirotsuka@bloomberg.net Editor: Kanta Watanabe 記事に関する記者への問い合わせ先: Lorenzo Totaro in Rome at +39-06-45206326 or ltotaro@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Andrew Davis at +39-06-4520-6324 or abdavis@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE