ブラジル:レアル高抑制で追加措置の可能性も-財務相

ブラジルのマンテガ財務相は6日、 20カ国・地域(G20)が世界的な通貨戦争を回避する方法を見つけら れない場合、通貨レアルの上昇を抑制するため追加措置を講じる可能 性があると述べた。

ブラジルは10月、2009年初めから37%上昇したレアルが同国の 12カ月の経常赤字を過去最大の480億ドル(約4兆円)に押し上げた のを受け、海外投資家による確定利付証券投資購入に課すIOF税(金 融取引税)の税率を3倍に引き上げた。

同相はリオデジャネイロでのイベントで、ブラジル政府は引き続 き、「世界全体に悪影響をもたらす通貨戦争」を回避するため政策の協 調に取り組むと発言。その上で「それが実現するまでは、われわれは 他の措置を取ることがあり得る」と語った。

同相はまた、「われわれは補助金や支出を減らし、歳出増加を避け る」と指摘。歳出削減によって、G20で最も高水準の政策金利を引き 下げる余地が生じる可能性があると述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE