米大統領:中国主席に北朝鮮問題で協力強化を要請-6日に電話会談

オバマ米大統領は、中国の胡錦 濤国家主席への電話で、北朝鮮によるウラン濃縮計画や韓国・延坪 島(ヨンピョンド)への砲撃は「受け入れられない」との姿勢を北 鮮側に明確に伝えるための協力を求めた。

ホワイトハウスが発表した声明によると、オバマ大統領は北京 時間の6日に胡主席に電話をし、緊張の高まる朝鮮半島情勢につい て意見交換した。その中で両首脳は、朝鮮半島の核廃絶に向け協力 して取り組むことに合意したという。

声明によれば、大統領は「挑発行為は受け入れられないという 明確なメッセージを北朝鮮に送るため、米国やその他の国々と共に 取り組む」ことを中国に促した。中国国営の新華社通信によれば、 胡主席は制御不可能な状況に陥るのを避けるため、すべての当事者 が冷静に対応する必要があると語ったという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE