今日の国内市況:TOPIXが小幅に4連騰、債券とドルは反発

東京株式相場は、TOPIXが小 幅ながら4日続伸。原油など国際商品市況の上昇を好感し、非鉄金属 や海運など資源関連株が高い。鉄鋼やガラス・土石製品、繊維など素 材関連株も堅調。米国の雇用統計低調を受けた金融緩和政策の持続期 待も、相場全般を支える要因となった。

TOPIXの終値は前週末比2.19ポイント(0.3%)高の881.41。 一方、海外市場で円高方向に振れた為替動向を嫌気し、電機や精密機 器など輸出関連株の一角が安くなった影響で、日経平均株価は同11 円9銭(0.1%)安の1万167円23銭と4営業日ぶりに小幅反落。日 経平均の日中値幅は36円とことし最小で、昨年12月21日(32円) 以来の値動きの狭さだった。

週明けの日本株市場では、三井物産や住友金属鉱山など資源関連 株の一角が上昇。3日のニューヨーク商業取引所では、原油先物が前 日比1.4%高の1バレル=89.19ドルと約2年2カ月ぶりの高値で終 了。金や銅先物も高く、関連銘柄には収益への好影響を見込む買いが 朝方から優勢だった。

商船三井など海運株も上昇。ばら積み船の国際運賃市況のバルチ ック海運指数が続伸していることがプラスに働いた。このほか、東証 1部の業種別33指数で値上がり率上位には鉄鋼、ガラス・土石製品が 入った。鉄鋼株では、神戸製鋼所が3%超上昇。神戸鋼には、同社や 日立金属など日本勢6社が、航空機の機体に使うチタン材を国産化す ると6日付の日本経済新聞朝刊が報じる材料もあった。

一方、米労働省が3日に発表した11月の雇用統計によると、非農 業部門雇用者数は前月比3万9000人増加と、エコノミストの予想中央 値(15万人増)を下回った。また、11月の失業率は9.8%で前月の9.6% から上昇、4月以来の高水準を記録した。

雇用統計を受け米景気の回復期待が後退し、3日のニューヨーク 外国為替市場ではドルが売られた。この流れを受けた6日の東京市場 でも、1ドル=82円台後半と3週間ぶりの円高・ドル安水準で推移。 収益環境の悪化が警戒され、キヤノンやパナソニック、ホンダ、ファ ナックなど輸出関連株には売りが優勢だった。

ただ輸出株も含め、相場全般への売り圧力は限定的。米雇用統計 が失望を誘う内容となり、かえって米国での量的金融緩和が長期化し、 過剰流動性による株高トレンドが続くとの見方が背景にある。

バーナンキ米連邦準備制度理事会(FRB)議長は5日放送予定 のCBSの報道番組「60ミニッツ」のインタビューで、5-6%前後 という「より通常の失業率に戻るのは4、5年先になる可能性がある」 と予想。量的緩和プログラムの効果とインフレや経済の見通し次第で は、国債購入を予定額よりも拡大する「可能性があることは確かだ」 と述べている。

東証1部の売買高は概算で14億8079万株。売買代金は1兆355 億円と、10月25日(1兆68億円)以来の低水準に落ち込んだ。騰落 銘柄数は値上がり1222、値下がり306。

債券相場は反発

債券相場は反発。米雇用情勢がなお厳しい状況が示されたことが 買い材料視され、債券先物相場はこの日の高値で引けた。現物市場で も中長期ゾーンを中心に買いが優勢となり、10年債利回りは1.1%台 半ばまで低下している。

東京先物市場の中心限月の12月物は前週末比19銭高い141円07 銭で始まり、直後に買いが先行すると141円25銭まで上昇した。その 後いったんは140円93銭まで上昇幅を縮めたが、午前の取引終盤から 再び買いが優勢の展開となり、午後にはじりじりと水準を切り上げた。 結局は60銭高の141円48銭でこの日の高値引けとなった。

現物市場で新発10年物の312回債利回りは3日終値より0.5bp 低い1.20%で開始。いったんは横ばいの1.205%を付けたが、午前の 取引終盤には1.195%を付けた。午後に入るとさらに買いが膨らんで、 3時10分現在では5bp低下の1.155%で取引されている。

312回債利回りは前週末に1.205%まで上昇して、新発10年債と して約5カ月半ぶりの高水準に到達したが、米国で景気回復期待が後 退したことを手掛かりにきょうは買いが優勢だった。

中期ゾーンにも買いが優勢となって、2年物の299回債利回りは

0.5bp低い0.18%を記録。一方、30年債はあすの入札を前に売り込ま れて、33回債は5.5bp高の2.16%を付ける場面があった。

ドル反発

東京外国為替市場ではドルが反発。対円では1ドル=82円台後半 を中心に、前週末に付けた11月15日以来の安値82円53銭から値を 戻して推移した。11月の米雇用統計の悪化を受けて、前週末の海外市 場でドル売りが進んだものの、株価がプラスで引けるなど、米景気の 腰折れ懸念にはつながらなかったとの見方もあり、ドルの下値は限定 された。

この日のドル・円相場は朝方に付けた82円57銭をドルの下値に、 じりじりと水準を切り上げ、午後には一時82円99銭まで値を戻す場 面も見られた。午後3時55分現在は82円91銭で取引されている。

一方、ユーロ・ドル相場は午後の取引で一時1ユーロ=1.3334ド ルと、前週末のニューヨーク時間午後遅くに付けた1.3414ドルからド ルが反発。早朝には前週末の海外市場でドルが売られた流れを引き継 ぎ、1.3442ドルと、11月23日以来、約2週間ぶりの水準までユーロ 高・ドル安が進行する場面も見られていた。午後3時55分現在は

1.3342ドル付近で取引されている。

この日はユーロ圏の財務相会合が開かれる。ロイター通信の報道 によると、国際通貨基金(IMF)は欧州連合(EU)当局者に対し 7500億ユーロ(約83兆円)の救済基金を拡大するよう要請するとい う。

前週末3日には、欧州中央銀行(ECB)がアイルランドとポル トガルの国債を購入したと、取引について知る市場参加者、少なくと も4人が明らかにしている。また、関係者1人によると、ECBはギ リシャ債も購入したもよう。

ECBによる国債購入の観測を背景に、欧州債市場では、アイル ランドやポルトガルなど高債務国の国債が上昇し、ドイツ国債との利 回り格差が縮小した。

半面、EUの行政執行機関、欧州委員会のレーン委員(通貨・経 済担当)は、3日にブリュッセルで行った講演のテキストで、「EU全 体の財政赤字の対域内総生産(GDP)比率は今年が6.8%の見通し で、2012年には4.2%に引き下げる計画だ。それでもなお、この改善 ペースは十分ではない」との見解を示している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE