米カーライル:ヘッジファンドのクラレン・ロードに55%出資へ

世界2位のプライベートエクイテ ィ(PE、未公開株)投資会社、米カーライル・グループは、流動性 クレジット資産に重点を置く運用資産45億ドル(約3730億円)のヘ ッジファンド、クラレン・ロード・アセット・マネジメントに55%出 資することで合意した。

カーライルが電子メールで配布した資料によれば、クラレンに 2006年に出資したシティグループと、08年に少数株式を取得したゴー ルドマン・サックス・グループの「ピーターズヒル・ファンド」が保 有株を売却する。クラレンを創業したブライアン・リアノ、ジョン・ エッカーソン、ショーン・フェイヒー、アルバート・マリノの4氏が 今後も日常業務を統括し、すべての投資判断を行う。

新規株式公開(IPO)の準備を進めるカーライルは、流動性資 産への投資を増やす方針。同社のクレジット・オルタナティブズ・ア ンド・キャピタル・マーケッツのグローバル責任者、ミッチ・ペトリ ック氏は「市場の好機を生かすためにどの戦略が必要かについて、わ れわれには見解がある」と説明。「クラレンは重要な鍵を握っており、 われわれは追加戦略の開発でさまざまな段階にある」と述べた。

同氏は3月にカーライルに入社。9月30日時点で34本のファン ドを通じて総額147億ドルを運用するクレジット事業の強化を目指し ている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE