新日鉄と伊藤忠丸紅鉄鋼、ナイジェリア鋼板会社へ共同出資(Update1

新日本製鉄は6日、伊藤忠商事と丸 紅の合弁である伊藤忠丸紅鉄鋼と共同で、ナイジェリアの冷延鋼板製造 ・販売会社に対し、出資を行うことに合意したと発表した。

発表資料によると、両社は、アフリカのサハラ砂漠以南を中心に建 材用鋼板や鋼管製造事業などを展開しているSAFALグループのナイ ジェリア企業、ミッドランド・ローリング・ミルズ(MRM)にそれぞ れ300万ドル(約2億4900万円)を出資する。

MRMは冷延設備の設置・試運転を完了し、2011年1月から本格稼 働させる予定。両社はMRMによる第三者割当増資を引き受けるほか、 原板を供給する。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE