マツダ社長:プラグインハイブリッドや電気車の導入を検討

米フォード・モーターと資本業務 提携関係にあるマツダの山内孝会長兼社長は6日、都内で講演し、ハ イブリッド車の投入後に、プラグインハイブリッド車や電気自動車の 導入を検討していることを明らかにした。

マツダはトヨタ自動車からハイブリッド技術ライセンスを受け、 開発中の次世代「SKYエンジン」と組み合わせ、2013年までにハイ ブリッド車の国内販売開始を目指している。

また、マツダは次世代直噴ガソリンエンジン「スカイアクティブ」 を「デミオ」に搭載、11年前半に国内販売する計画。燃費(10・15 モード)は現在23キロメートルに対し、30キロメートルになる。次 世代エンジンは11年に米国、豪州、12年に中国、欧州のほか、ディ ーゼル版を12年に世界投入する。山内社長は、16年3月期までにス カイアクティブエンジン搭載車比率を8割以上に高めると語った。

フォードは保有株売却でマツダの議決権比率が3.53%に低下し た。山内社長は、フォードが中国などの新興市場で事業を拡大するた め資金が必要だったからとの見解を示した。一方、フォード以外の会 社と資本提携を結ぶ考えはまったくないと強調した。

マツダが住友商事と共同で投資してメキシコに乗用車工場を建設 する方針を固めたと、11月30日付の日経新聞朝刊が報じた。山内社 長は、メキシコ工場について「われわれの方から発表していない」と 述べ、「推測するに、商社から発表になると思う」と語った。また、ブ ラジルやインド、ロシアなどの新興市場で工場建設を検討しており、 「緊急にスタディーをやり、すでに調査団を送っている。早い時期に いろいろやることを決めていきたいと思っている」との考えを示した。

また、山内社長は、16年3月期までに現在90万台の国内生産を 100万-105万台に引き上げる方針を表明した。輸出比率は現在の80% から85%に上がるという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE