米ヘッジファンド、原油買い越し8週間で最大の増加-需要拡大観測で

米ヘッジファンドの原油相場の上 昇を見込む買い越しが8週間で最大の増加率を示した。世界的に景気回 復ペースが速まり原油需要が増加するとの観測が強まった。

米商品先物取引委員会(CFTC)の週間建玉報告によると、ヘッ ジファンドなど大口投機家は11月30日終了週に買い越しを18%増や した。増加率は10月5日終了週以降で最大。

前週の原油相場は6.5%、S&P500種株価指数は3%、それぞれ 上昇。欧州と中国の製造業が拡大を示したことを好感した。ゴールドマ ン・サックス・グループ、JPモルガン・チェース、ドイツ銀行が 2011年と12年の原油平均価格見通しを上方修正した。石油輸出国機 構(OPEC)は11日、エクアドルの首都キトで総会を開き生産目標 について検討する。

CFTCによると、ヘッジファンドなど大口投機家が保有する原油 の先物とオプションの買い越しは11月30日終了週に2万4461枚増 加し16万4204枚となった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE