ギリシャ中銀総裁:債務再編は不要、望ましくもない-カティメリニ紙

ギリシャ中央銀行のプロボポラス 総裁はギリシャ紙カティメリニ(オンライン版)のインタビューで、 同国が赤字削減目標をしっかりと守るなら債務再編は不要だとの見解 を示した。

同紙によると、プロボポラス総裁は債務再編について、必要でな いばかりか、望ましいものや可能性のあるものでもないと述べ、その 社会的・経済的コストは大きいと指摘。欧州連合(EU)と国際通貨 基金(IMF)による1100億ユーロ(約12兆円)の融資の返済期 限延長に関する今週の仮合意は、債務再編を求める人々にとって「敗 北」になると語った。

同総裁はまた、ギリシャ政府が約束した目標を守り、経済が再び 成長軌道に戻る明確な兆しが出ている限り、同国が来年末までには国 際資本市場に復帰できるとの見方も示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE