ECB総裁、財政再建の努力を各国に要求-スペインは追加策を発表

欧州中央銀行(ECB)のトリシ ェ総裁は、各国首脳らに対して財政再建に向けた一層の努力を求めた。 スペインは危機波及の脅威に備え、取り組みを強化している。

トリシェ総裁は3日、パリでRTLラジオに対し、「われわれのメ ッセージの内容は、すべての国に対して同じだ。『来年の財政目標を信 頼できるものにするため、あらゆる手段を取ってほしい』」と語った。 ドイツ当局は、4日と5日には欧州ソブリン債危機に関する欧州連合 (EU)の臨時会合は予定されていないと述べた。

スペイン国債の価格が11月30日に少なくとも11年ぶりの大幅下 落となったことを受け、同国政府は新たな財政赤字削減策を発表した。 その1週間前には追加措置は不要との立場を取っていた。

スペインのサパテロ内閣は3日、たばこ税の引き上げを発表し、 年金制度改革の日程も決定した。1日には、空港運営会社と宝くじ事 業の権益の一部売却で約140億ユーロ(約1兆5500億円)を調達する 計画を示している。

ユーロ圏財務相らは6日に定例の会合を開く予定だ。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE