ブラジル株(3日):3日続伸、利上げ見通し後退-週間で2.3%上昇

3日のブラジル株式市場では、指 標のボベスパ指数が3日続伸。週間ベースで1カ月ぶりの大幅高とな った。同国中央銀行が預金準備率引き上げなどのインフレ抑制措置を 発表したため、利上げ見通しが後退したことが背景。

中南米最大の酒造会社ベビダス(コンパニア・デ・ベビダス・ダ ス・アメリカス)と、ネット通販でブラジル最大手のB2Wコンパニ ア・グローバル・ド・バレジョはともに1カ月ぶりの大幅高。内需拡 大の恩恵を最も受ける銘柄の中でも特に上昇が目立った。

ミラエ・アセット・グローバル・インベストメンツ・ブラジル(サ ンパウロ)で運用に携わるオリバー・レイランド氏は、「今回の中銀に よる措置が次の金融引き締めサイクルの可能性を低下させる効果を持 つなら、株式市場の支援材料となるだろう」と述べた。

ボベスパ指数は前日比0.3%高の69766.09で終了。週間では2.3% 値上がりし、11月5日終了週以来の大幅上昇となった。通貨レアルは

0.5%高の1ドル=1.6963レアル。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE