米財政責任委:3.8兆ドル規模の赤字削減案を否決-両党委員反対

オバマ米大統領が設置した財政 責任・改革国家委員会は、3兆8000億ドル(約314兆円)規模 の歳出削減案を否決した。増税のほか、社会保障制度やメディケア (高齢者医療保険制度)といったプログラムの縮小を盛り込んだこ の歳出削減計画に対しては、両党の委員会メンバーが反対票を投じ た。

反対したのは委員18人中7人。残る11人は賛成だったものの、 財政責任委が同案を議会に送付するためには14人の賛成が必要だ った。メンバーうち上院議員は6人中5人が賛成に回った一方、下 院議員は6人中5人が反対票を投じた。

同歳出削減案は、年間の米財政赤字額が今年の1兆3000億ド ルから2015年には約4000億ドルに削減されるほか、債務が減少 し始めるというもの。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE