UBS:クライアンCFOが退任へ-後任にナラティル氏

更新日時

スイスの銀行最大手UBSは、 ジョン・クライアン最高財務責任者(CFO、49)が退任し、ト ム・ナラティル氏が後任に就く人事を発表した。また、イタリアの 銀行ウニクレディトのセルジオ・エルモッティ氏が入社し、欧州・ 中東・アフリカ地域を統括する。

UBSが3日配布した電子メールによると、ナラティル氏は現 在、UBSの南北アメリカ地域ウェルスマネジメント部門のCFO および最高リスク責任者(CRO)を務めており、来年6月1日付 でクライアン氏の後任に就く。2008年9月にCFOに就任したク ライアン氏は「UBSを離れて別の関心事を追求する」という。

また欧州・中東・アフリカ地域の責任者となるエルモッティ氏 は現在、ウニクレディトの投資銀行部門トップおよび副最高経営責 任者(CEO)を務めている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE