NY外為(3日):ドル、対円で3週ぶり安値-米雇用低迷

ニューヨーク外国為替市場では、 ドルが円に対して3週間ぶり安値に下落。11月の米雇用者数の伸び が予想を大幅に下回り、失業率が上昇したことで、景気回復が腰折 れしつつあるとの観測が広がった。

ドルはメキシコ・ペソとカナダ・ドルを除く主要通貨すべてに 対して値下がり。11月の米雇用統計によれば、失業率は9.8%に上 昇し、米連邦準備制度理事会(FRB)による雇用拡大を狙った追 加量的緩和の決定を裏付ける格好となった。スイス・フランは上昇。 ドルの代替投資先として買い進まれた。

為替取引を手掛けるテンパス・コンサルティングのストラテジ スト、ジョン・ドイル氏は「きょうの雇用統計は、FRBとその流 動性供給の正当性を示した」と指摘。「ドルとリスクの相関関係がこ の日は崩れた。リスク環境は変わっていないが、株価とドルが下げ ている」と述べた。

ニューヨーク時間午後5時現在、ドルは対円で前日比1.5%下 げて1ドル=82円53銭(前日は83円82銭)と、11月15日以来 の安値。週間ベースでは1.9%下げ、10月以来の値下がり。

ドルはユーロに対しては1.5%安の1ユーロ=1.3414ドル(前 日1.3209ドル)。週間では1.3%安と、1カ月ぶりの下落となった。 ユーロは対円で1ユーロ=110円73銭と前日から変わらず。

失業率は4月以来の高水準

11月の米雇用統計によれば、非農業部門雇用者数(事業所調査、 季節調整済み)は前月比3万9000人増加。前月は17万2000人の 増加(修正値)だった。失業率は9.8%で前月の9.6%から上昇し、 4月以来の高水準を記録した。

今月3日に決定されたFRBの追加の国債購入計画については、 国内外から批判が起こった。ドイツのショイブレ財務相は、ドルの 価値低下を意図しているとの見方を示唆する発言を行った。また共 和党の重鎮4人は、バーナンキFRB議長あての書簡で、国債購入 計画が「将来のドルの強さに重大な不確実性をもたらす」と指摘し た。

フラン上昇

米失業率は2009年7月以降、9.5%以上の状態が続いている。 09年10月には1983年6月以来の高水準となる10.1%を付けた。

スイス・フランは一時2%高の1ドル=0.9727フランと、11 月12日以来の高値に上昇。金相場も値上がりした。ドル以外の安全 資産を求める動きが広がった。

米国の主要貿易相手国通貨6種類に対するドルの動きを示すド ル指数は1.4%下げて79.153と、1週間ぶりに80を下回った。

カナダ・ドルとメキシコ・ペソは、ドルに対するパフォーマン スが最悪となった。カナダ・ドルは0.1%安の1米ドル=1.0039 カナダ・ドル。メキシコ・ペソは0.1%下げて1ドル=12.3369ペ ソ。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE