グリーンスパン氏:ECB「ひどい困難」、米国は立ち往生へ

グリーンスパン前米連邦準備制度 理事会(FRB)議長は3日、欧州中央銀行(ECB)が「ひどい困 難」に直面しているとの認識を示した。債務危機への対応措置の影響 で、各国による財政赤字削減の先送りが容易になっているためとして いる。

グリーンスパン氏は米経済専門局CNBCとのインタビューで、 ECBは「ひどい困難を抱えていると思う」と発言。「ECBがさま ざまな国の国債購入を増やせば、そうした国々の政府に対し必要な行 動を迫る圧力がその分低下する」と説明した。

ECBは2日、危機対応で導入した緊急の流動性措置の解除を遅 らせることを明らかにするとともに、国債購入は継続中だと説明した。 トリシェ総裁は財政危機への取り組みを各国政府に求めた。

グリーンスパン氏は「極めて難しい問題だと思う。なぜなら、初 めから分かっていたことではあるが、社会的に異なるさまざまな国の 通貨を統合する構想には根本的に欠陥があるからだ」と述べ、「この 取り決めにおいて暗黙の前提となるのは、皆がルールに従うはずだと いうことだ」と指摘した。

さらに、「近隣窮乏化と呼ばれるが、他人から利益を得ようとす ると、結局は誰も何も得られない」とし、「囚人のジレンマ」だと 加えた。

「行き場を失う」

グリーンスパン氏はこのほか、米経済について、景気の不透明感 からくる「根強い不安感」を国民が取り除き、「正常な状態」に戻ら なければ、「経済は行き場を失う」と発言。「人々は住宅などの有形 資産への投資を大きく減らしつつあり、キャッシュフローは債務の返 済に振り向けられている」と述べた。

またグリーンスパン氏は、市場の動向を見る上では常に米10年債 に注目しているとし、債務懸念や欧州の危機がなければ株式市場の見 通しは「素晴らしい」ものになるだろうと語った。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ニューヨーク 森 茂生 Shigeki Mori +1-212-617-6107 smori1@bloomberg.net ロンドン 藤森英明 Hideharu Fujimori +44-20-7673-2178 hfujimori@bloomberg.net

Editor:Akiko Nishimae、 Akiyo Kinoshita 記事に関する記者への問い合わせ先: Svenja O’Donnell in London at +44-20-76732287 or sodonnell@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Fergal O’Brien at +44-20-7330-7152 or fobrien@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE