【注目株】東栄住宅、ノーリツ、アルコニク、バルス、クックパド

週明け6日の日本株相場で、値動 きが予想される銘柄は以下の通り。

東栄住宅(8875):主力の不動産分譲事業が好調で、今期(2011 年1月期)の連結純利益予想を従来の57億円から前期比2倍の68億 円に19%増額修正した。用地仕入れ厳選や建築コスト低減で収益性も 向上、2-10月(9カ月累計)純利益は前年同期比11倍の52億円だ った。1株当たり年間配当も、期末の創立60周年記念配10円の実施 を含み55円と、前回予想の40円から上積みする。

ノーリツ(5943):16年12月期まで6カ年の中期経営計画を3日 に公表、最終年度の連結営業利益目標を150億円に設定した。10年12 月期計画(70億円)との比較では2.1倍の水準。ガス瞬間式給湯器な どを北米や中国で拡販、海外事業売上高を10年比2.3倍の400億円に 引き上げるほか、太陽光発電など新エネルギー分野で500億円の売り 上げを目指す。

アルコニックス(3036):主軸のアルミ・銅取引の維持拡大やレア メタル関連事業の強化に向け、最大16億円の公募増資を実施する。新 株発行は87万株、このほか7万7400株の売り出し、上限14万2000 株のオーバーアロットメントによる売り出しも予定、一連のファイナ ンス後の発行済み株式総数は最大で現状比19%増の634万4800株と なる。また、今月24日付で東証1部に昇格するとも発表。

バルス(2738):中国で都市再開発などを手掛ける上海瑞虹新城と 業務提携した、と3日に発表。上海で開発中の複合施設にバルスがイ ンテリア雑貨店「フラン・フラン」の旗艦店を14年にも出店、同施設 への日本ブランド誘致でも上海瑞虹に協力する。

カカクコム(2371):11月のグループサイト利用者数は前年同月 比52%増の6703万人となった。「価格.com」「食べログ」ともにモバ イル会員数が大きく増加、同社グループサイトへのアクセス数は同 26%増の13億9926万ページビューとなった。

ハイデイ日高(7611):11月の既存店売上高(速報)は前年同月 比0.1%増と、わずかながら3カ月ぶりに前年実績を上回った。客数 は同0.3%減、客単価は同0.4%増。全店ベース売上高は10.8%伸び。

ラサ工業(4022):シリコンウエハー再生事業に従事する300人を 対象とした希望退職者制度への応募は253人だった、と3日に発表し た。割増退職金などの見込み額はおおむね想定通りで、第2四半期決 算で事業整理損失引当金繰入額として計上済み。

東亜ディーケーケー(6848):5年前に資本提携した米水質分析計 メーカーのハックを対象に第三者割当増資を実施、1株当たり300円 で新株360万株を発行、約11億円を調達する。これにより、ハックの 持ち株比率は現状の18.12%から33.50%に上昇する。発行済み株式数 は、一部自社株消却も行う影響で18%増の1988万620株になる。

新日本科学(2395):鹿児島銀行などを対象に第三者割当増資を実 施、1株当たり366円で普通株140万株を売却、約5億1200万円(差 引手取概算)を調達する。調達資金は研究開発費などに充当予定。フ ァイナンス後に鹿児島銀は、新日科の議決権の4.82%を保有する第5 位株主となる見込み。

アグロカネショウ(4955):12月31日最終の株式名簿に記載され た株主を対象に、1株につき2株の株式分割を行う。

クックパッド(2193):12月31日最終の株式名簿に記載された株 主を対象に、1株につき2株の株式分割を行う。また、3日に発表し た5-10月期(上期)の純利益は、有料会員数の増加持続などで前年 同期比2.1倍の4億5900万円だった。通期計画の7億700万円に対す る進ちょく率は65%。

野田スクリーン(6790):直近の事業環境や景気下振れリスクなど を考慮、今期(11年4月期)の連結純利益予想を2億8700万円から 前期比46%減の2億1500万円に減額した。5-10月(上期)純利益 は前年同期比11%減の1億7400万円。円高やデフレの影響を受けた。

キタック(4707):前期(10年10月期)の単体純利益は前の期に 比べ4.7倍の5200万円だった。公共投資抑制で受注高は同19%減っ たが、前の期からの繰り越し業務があり、経費節減も進めた。今期(11 年10月期)当期利益は前期比29%減の3700万円を計画。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE