中国:慎重な金融政策に移行、インフレ抑制目指す-新華社(Update5)

(情報を追加して更新します)

【Bloomberg News】

12月3日(ブルームバーグ):中国は来年、「慎重な」金融政策 に移行する。同国の政策担当者は流動性を抑制し、インフレ加速や 資産 バブルリスクを抑えようとしている。

中国の当局者らは来年、「積極的な財政政策と慎重な金融政策を 採用し、マクロ経済統制の重点と柔軟性、有効性の改善を図る」方 針だ。中国国営の新華社通信が中国共産党中央委員会の政治局会議 後に報じた。中国政府は2008年後半以降、同国の金融政策を「適度 に緩和的」と形容している。

中国当局は、金融危機に対応するための記録的な与信拡大の後、 引き締めに動き始めた。10月に2007年以来の利上げに踏み切った ものの、引き締めのペースはマレーシアや韓国になお後れを取って いる。

ロイヤル・バンク・オブ・カナダ(RBC)の新興市場担当ス トラテジスト、ブライアン・ジャクソン氏(香港在勤)は新華社の 報道後に、「利上げが差し迫っている。12月中に1回実施され、来 年も追加利上げがあるだろう」と述べた。

この日の市場で、中国株の指標である上海総合指数は前日比

1.2ポイント安の2842.43で終了した。

利上げ間近

みずほ証券アジアのエコノミスト、沈建光氏(香港在勤)は、3 日または10日にも利上げがあると予想。また、人民元が年末にかけ て「若干」速いペースで上昇するだろうとの見方を示した。

中国当局は今回の金融政策の文言変更に先立ち、既に引き締め策 を講じてきた。利上げに加え、預金準備率を引き上げ融資の伸びを抑 制、また人民元の事実上の対ドル相場固定も取りやめた。

モルガン・スタンレーなどのエコノミストらは、政府が来年再び、 融資の上限を引き下げるとみている。

中国人民銀行(中央銀行)は2007年に引き締め的な金融政策に 転じる前に「慎重な」の文言を採用している。

新華社はまた、政治局会議の発表を引用し、困難や課題は残るも のの、中国は来年の安定的かつ高ペースの成長に向け、健全な基盤が あると報じた。政府は食糧供給と価格安定を確実にするという。

1年物貸出金利は10月の0.25ポイントの利上げ後、現在5.56% となっている。

インフレ

バンク・オブ・アメリカ(BOA)メリルリンチのエコノミスト、 陸挺氏(香港在勤)は金融政策を引き締める一方で「積極的」な財政 政策姿勢を継続することにより、中国政府は9%前後の成長を維持で きるだろうとの見方を示した。今年7-9月(第3四半期)の成長率 は前年同期比9.6%だった。

中国の10月のインフレ率は4.4%と2年1カ月ぶりの高水準と なった。不動産は今年、記録的値上がりとなっている。

共産党中央委員会の政治局会議は、向こう1年の経済運営の指針 を決定する中央経済工作会議に先立って開かれた。新華社によると、 同工作会議は10-12日に開催の見通し。

金融引き締めが企業利益の伸びを妨げるとの懸念が広がり、上海 総合指数はここ1カ月で約6%下落している。

--Li Yanping, Sophie Leung . Editors: Paul Panckhurst, Lily Nonomiya.

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: アムステルダム 木下 晶代 Akiyo Kinoshita +31-20-589-8544 akinoshita2@bloomberg.net Editor:Yoshito Okubo, Fumihiko Kasahara 東京 内田良治 Ryoji Uchida +81-3-3201-3396 ruchida2@bloomberg.net Editor: Akiyo Kinoshita Akiyo Kinoshita 木下 晶代 +31-20-589-8544 akinoshita2@bloomberg.net 記事に関する記者への問い合わせ先: Li Yanping in Beijing at +86-10-6649-7568 or yli16@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Chris Anstey at +81-3-3201-7553 or canstey@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE