仙谷氏:官房長官・法相兼務解消、菅首相の判断次第-定例会見

仙谷由人官房長官は3日午前、閣議 後の記者会見で、柳田稔前法相の辞任に伴い法相職を兼務している状 態を解消するかどうかは菅直人首相の判断次第との認識を示した。

仙谷氏は法相職をいつまで続けるかについて、「今のところそんな めどはない。ずっとやるつもりだ。最初から拝命した以上、全力を尽 くしてやるということだ」と指摘。今後の対応については「菅首相が きょうか、あすか、これがいいと言うかもしれないし、法相に専念せ よという話になるかも分からない」と語った。

法相との兼務は好ましくないとの認識かとの質問に対しては、「特 に官房長官との関係で言うと、繁忙極めるから、人間の体は一つしか ないことは客観的な明らかな事実だ」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE