米FOMC議事録全文の5年後の公表を再検討へ-アイサ下院議員

米連邦準備制度理事会(FRB) の連邦公開市場委員会(FOMC)について、来年1月に下院監視・ 政府改革委員会の委員長に就任する可能性が高い共和党のダレル・ア イサ議員(カリフォルニア州)は、議事録全文を5年後に公表してい る現状を再検討する考えを示した。

アイサ議員は2日、ワシントンでのインタビューで、「議事録全文 の公表を早められるなら、そうすべきだ」と指摘。その上で「それが 協議や任務遂行能力に明確な悪影響を与えるなら、慎重になる必要が ある」と付け加えた。

FRBへの監視強化の方針を示しているアイサ議員が、具体的な 案件に言及したのは初めて。FRBは1995年、90年代初めに下院銀 行委員会の委員長を務めた民主党のヘンリー・ゴンザレス氏の働き掛 けに応じて全文の公表を開始した。

アイサ議員はまた、下院共和党議員と個別に面談するためワシン トン入りしていたホーニグ・カンザスシティー連銀総裁とこの問題に ついて非公式に協議したと明らかにした。

-- Editors: James Tyson, Christopher Wellisz

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net  Editor:Eiji Toshi 記事に関する記者への問い合わせ先: Scott Lanman in Washington at +1-202-624-1934 or slanman@bloomberg.net. 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Christopher Wellisz at +1-202-624-1862 or cwellisz@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE