ABCマト株が反落、11月の既存店販売は6.1%減-月次変動高まる

靴小売店をチェーン展開するエー ビーシー・マートの株価が一時、前日比1.8%安の2836円と反落。日 曜日が前年より1日少なかった11月の既存店売上高は前年同月比

6.1%減と低迷した。同数値が足元で大きく上下しているため、販売ト レンドが読みにくいとの指摘も出て、売りが先行した。

ABCマト広報担当の山田卓也氏によると、曜日要因を除外した 11月の実質既存店売上高は2.1%減だった。例年より気温の高い日が多 かったため、この時期の主力のブーツなど秋冬物の動きが鈍かったが、 「来店者が商品を購入するいわゆるヒット率は高く、11月の営業はさ ほど悪くなかった」という。

ABCマトの月次既存売上高を振り返ると、8月が同9.0%減、9 月が同7.2%減、10月が同14.8%増だった。コスモ証券の岩崎彰シニ アアナリストは、「月ごとの振幅が大きく、トレンドがない」と述べた うえで、「下期業績は弱含み、会社計画を下振れる可能性もある」と指 摘した。同証券ではABCマトの投資判断を「中立」としている。

ブルームバーグ・データによると、担当アナリスト11人の今期 (2011年2月期)連結営業益予想の平均値は256億円。会社計画の261 億円を若干下回るというのが市場のコンセンサス。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE