ヘッジファンド運用者:規制改革で現物商品投資加速へ-相場に影響も

1930年代以降で最も大規模な金 融規制改革の影響で現物商品への投資が促され、供給が減少し相場に影 響が及ぶ可能性があるとの見方を、ヘッジファンド運営会社アローホー ク・コモディティー・ストラテジーズ(コネティカット州)のパートナ ー兼シニア・ポートフォリオマネジャー、ジェニファー・ファン氏が示 した。

ファン氏は、米商品先物取引委員会(CFTC)はトレーダーが原 材料価格に及ぼす影響を制限することを目指していると指摘。トレーダ ーらは現物市場への投資に向かうため、先物取引の規制は効果的ではな いとの見方を示した。

ファン氏は2日、ブルームバーグ主催のヘッジファンド関連会議で 「規制により現物市場への投資が加速し生産された原材料が市場に供給 されず投資目的で保有される。それが商品相場に影響を及ぼすのは非常 に明らかだと思う」と述べた。

7月に成立した金融規制改革法「ドッド・フランク法」に基づき、 CFTCは1年間かけて615兆ドル規模に上る店頭デリバティブ(金融 派生商品)市場の規制を検討している。トレーダーの原油や天然ガス、 ガソリンの持ち高制限については来年1月、農産物の持ち高制限につい ては4月までに導入する予定。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 堀江 広美 Hiromi Horie +81-3-3201-8913

hhorie@bloomberg.net Editor:Takeshi Awaji 記事に関する記者への問い合わせ先: Asjylyn Loder in New York at +1-212-617-5771 or aloder@bloomberg.net. 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Dan Stets at +212-617-4403 or dstets@bloomberg.net.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE