ヴァーレ:銅生産増強へ-15年までに5倍増、年産100万トン目指す

鉄鉱石生産で世界最大手、ブラジ ルのヴァーレは、2015年までに銅生産を5倍以上に拡大することを目 指している。売り上げの多様化とチリ銅公社(コデルコ)や米フリーポ ート・マクモラン・カッパー・アンド・ゴールドなどの競合企業に追い 付くのが狙い。

ヴァーレの基本原料事業担当責任者ティト・マーティンズ氏は2 日、チリのサラマンカ近郊で開かれたイベントで、同社が銅事業を世界 5-6位以内まで増強したいと考えていることを明らかにした。同氏に よると、ヴァーレはチリやペルー、ブラジルのカラジャス地区で3-4 件のプロジェクトについて分析しているほか、インドネシアやフィリピ ンでも銅を探鉱する可能性がある。

ヴァーレは5年以内に年間の生産量を約100万トンとする計画 だ。マーティンズ氏は買収によってこの目標が引き上げられる可能性 もあると述べた。昨年の実績は19万8000トン。10月28日には2015 年までに年産69万1000トンを目標にすると発表していた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE