NY綿花先物:2日連続で値幅制限いっぱいの上げ-中国の需要急増で

ニューヨークの綿花相場は2日連 続で値幅制限いっぱいの上昇となった。世界最大の消費国である中国の 需要が急増し供給が追い付かなくなっていることが要因。

米農務省のデータによると、米国産綿花の輸出受注は2009年8月 -10年7月に前年比で2倍以上に拡大した。11月25日終了週の輸出 は前週比21%増となった。米国の在庫が減少する一方、中国の繊維メ ーカーの需要が増加したため綿花相場は今年に入って67%高騰してい る。

VIPコモディティーズ(ニューヨーク)のブローカー、ルイス・ バルベラ氏は「綿花の輸出が非常に多くなっているので出荷が追い付い ていない」と指摘。「現物はほぼすべて売約済みだ」と述べた。

ICEフューチャーズUSの綿花先物相場2011年3月限は値幅制 限いっぱいの5セント(4.1%)上昇し1ポンド当たり1.2634ドルと、 11月19日以来の高値を付けた。前日も値幅制限いっぱいの4セント上 昇した。11月10日には過去最高値の1.5195ドルに達した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE