NY銅先物:3週間ぶり高値-米中古住宅販売成約指数の上昇を好感

ニューヨークの銅相場は約3週間 ぶりの高値に上昇。10月の米中古住宅販売成約指数が前月比10.4%上 昇と、過去最高の伸びを示したことを好感した。

全米不動産業者協会(NAR)が発表した10月の中古住宅販売成 約指数は、ブルームバーグ・ニュースが実施したエコノミスト調査の 中央値で1%低下が予想されていた。ロンドン金属取引所(LME) の指定倉庫の銅在庫は約1年2カ月ぶりの低水準となり、チリの鉱山 でのストは4週間に及んでいる。銅相場は7月1日以降、38%上昇し ている。

リンド・ウォルドック(シカゴ)の市場担当ストラテジスト、リ チャード・イルチスジン氏は「市場の焦点は、供給面になるだろう」 と指摘。景気回復が持続的だと証明されれば「銅相場は再び上昇する」 との見通しを示した。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のCOMEX部門の銅先 物相場2011年3月限は4日続伸し、前日比3.15セント(0.8%)高の 1ポンド当たり3.979ドル。一時は3.997ドルと、中心限月としては 11月12日以来の高値を付けた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE