セントルイス連銀のブラード総裁:欧州危機は米国に波及していない

米セントルイス連銀のブラード総裁 は、欧州のソブリン債危機は米国に波及していないとの考えを明らかに した。

ブラード総裁は2日のワシントンでの講演後、記者団に対し「現時 点ではそれはまったく見られないが、用心はしている」と発言。米連邦 準備制度理事会(FRB)が前日に公表した3兆3000億ドルの緊急融資 プログラムの利用者については「意外な内容は多くない」と述べた。米 国籍以外の企業に融資プログラムの利用を認めたことについては、必要 だったとの認識を示した。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ニューヨーク 千葉 茂 Shigeru Chiba +1-212-617-3007 schiba4@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE