2012年に欧州で「第2のデフォルトの波」も、金利上昇で-S&P

米格付け会社スタンダード・ アンド・プアーズ(S&P)によると、金利上昇と借り換えリスク の高まりで、欧州では2012-13年に「第2のデフォルト(債務不 履行)の波」が押し寄せる可能性がある。特にレバレッジド・バイ アウト(LBO、買収先の資産を担保にして資金を調達する買収) 向け融資が危ないという。

ポール・ワッタース氏(ロンドン在勤)率いるS&Pのアナリ ストがまとめたリポートによると、2012年に欧州でデフォルトが 発生する確率は最高で7.5%と、今年年末までの4%から上昇が予 想されている。2009年第3四半期末は14.8%のピークをつけた。

同アナリストらは、過剰なレバレッジにより、高利回りの「B -」や「CCC」格付けを付与されているローンの大部分が引き続 き不安定なことから、デフォルト率は「大幅に」上昇する可能性が あると指摘する。

リポートによると、デフォルト率は9月末で5.9%に低下し たが、2012年には5.5-7.5%に再び上昇する可能性がある。 2011年には3.8%に「緩やかに」低下するとみられている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE