米国債(午前):下落、株価上昇で需要が後退-10年債利回り3%超

2日朝の米国債相場は下落。 10年債利回りは7月以来で初めて3%を上回った。世界の景気回 復がモメン タム(勢い)を増しつつある兆候から株価が上昇し、 安全資産である米国債の需要が後退した。

BGキャンター・マーケット・データによると、ニューヨーク 時間午前7時53分現在、10年債利回りは4ベーシスポイント(b p、1bp=0.01%)上昇の3%。同国債(表面利率2.625%、 2020年11月償還)の価格は10/32下げて、96 3/4。利回りは 一時3.0034%と、7月29日以来の高水準を付けた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE