米トール・ブラザーズの8-10月、黒字確保-税効果と評価損縮小で

米最大の高級住宅建設業者トー ル・ブラザーズの8-10月(第4四半期)決算は、税効果や保有地 値下がりによる評価損の縮小が寄与し、純損益が黒字となった。

同社の2日発表によると、純利益は5050万ドル(1株当たり 30セント)。前年同期は1億1140万ドル(同68セント)の赤字だ った。ブルームバーグがまとめたアナリスト17人の予想平均は1 株当たり7セントの赤字。売上高は4億260万ドルと、前年同期の 4億8660万ドルから減少。

8-10月期の請負契約戸数は700戸、正価は平均56万5000 ドルだった。前年同期は860戸、56万3000ドル。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE