中国人民元:対ドルで続伸-製造業指数上昇で追加利上げ観測強まる

中国人民元は2日、ドルに対して 2日連続で上昇。11月の中国製造業購買担当者指数(PMI)が4カ 月連続で上昇したことを受け、追加利上げ観測が強まった。

中国人民銀行(中央銀行)はこの日、人民元の中心レートを1ド ル=6.6691元と、前日より0.14%の元高水準に設定した。

ソシエテ・ジェネラルの外為調査責任者(香港在勤)、クリフ・ タン氏は、「人民元は上昇軌道にある。中国のマクロ経済環境と追加引 き締めの必要性が支えになっている」と指摘。「将来的には中国が欧州 債務危機の緩和に一役買う可能性がある」と指摘。中国の豊富な資金 力が「人民元の重要性を際立たせる」との見通しを示した。

中国外国為替取引システム(CFETS)によると、元は上海時 間午後5時34分(日本時間同6時34分)現在、前日比0.03%高の1 ドル=6.6613元。

ブルームバーグが集計したデータでは、元の1年物ノンデリバラ ブル・フォワード(NDF)は前日比0.05%高の1ドル=6.5125元。 NDFは元が今後1年で2.2%上昇するとの予想を織り込んでいる。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE