ソフトバンク、アコム債、日銀購入対象外に-失望売り誘うか

日本銀行が新たな買い入れ対象とし たトリプルB格の社債の中に、ソフトバンクやエルピーダメモリ、アコ ムは含まれていないことが、複数の関係者の話で明らかになった。

日銀は、入札に参加する金融機関38社が2日午前に同行へ提出した 売却希望の銘柄について、同日夕方までに個別銘柄の買い入れの可否を 回答。その中には、ソフトバンクなどの他にもIHIやプロミスも対象 から外れた。関係者によると、この背景の理由については明らかになっ ていない。

日銀広報担当の足立祐一氏は、社債買い入れ対象となった企業やそ の選定理由について「個別の話について答えられない」と述べた。

日銀が10月28日に発表した社債の買い入れ基準には、格付けが「ト リプルB格」相当以上で残存期間が1-2年としていた。同発表以降の 社債市場では、残存年数2年未満のトリプルB格社債が買われ利回りは 軒並み下げた。

日本格付研究所(JCR)からBBB+の格付けを得ている2012年 9月満期のソフトバンク債は12月1日時点で、残存期間の似ている国債 の利回りに対するスプレッド(金利上乗せ幅)が57ベーシスポイント( 1bp=0.01%)と、日銀の買い入れ観測が市場に広がる前の10月22日の 水準に比べ20bp縮小していた。

同じくJCRからBBBの格付けを得ている2012年1月満期のエル ピーダメモリ債のスプレッドは、126bpから71bpまで縮小したほかS& PからBBBの格付けを得た2012年10月満期アコム債は572bpから462bp まで縮小していた。

UBS証券の後藤文人クレジット調査部長はブルームバーグ・ニュ ースとの電話インタビューで、消費者金融のアコムやプロミス債が日銀 の購入リストから外れたことについては「想定通り」と指摘した上で、 「エルピーダは一瞬タイトニングペースから揺り戻しが起きるかもしれ ない」と述べた。

ただ後藤氏は、少しでも高い利回りを求める投資家からの買いが入 ることによって、スプレッドの拡大幅は限定的との見通しを示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE