香港株(終了):続伸、各国経済指標の改善で-裕元工業が高い

香港株式市場のハンセン指数は 2日連続で上昇。各国経済指標の改善や、欧州債務危機の拡大は阻 止されるとの観測を支えに、世界的な景気回復に対する信頼感が強 まった。

ブランド・カジュアル靴の受託製造で世界最大の裕元工業(551 HK)は1.1%高。リョービの電動工具などの生産を手掛けるテクト ロニック・インダストリーズ(創科実業、669 HK)は1.4%高。海 洋油田開発で中国最大手、中国海洋石油(CNOOC、883 HK)は 商品相場の上昇を受けて3.2%高。中国2位の電力会社、華能国際電 力(902 HK)は6.8%高。同国政府が発電用石炭の価格据え置きを 命じたことが好感された。中国建設銀行(939 HK)も高い。

富昌証券のゼネラルマネジャー、藺常念氏は、「前向きな内容 の経済指標が発表され、市場センチメントが弱気から強気に転じた」 と指摘。「リセッション(景気後退)懸念は遠のいた。市場の信頼 感は年内、持続する公算が大きい」との見通しを示した。

ハンセン指数の終値は前日比198.98ポイント(0.9%)高の

23448.78と、11月22日以来の高値で取引を終了。ハンセン中国企 業株(H株)指数は1.1%高の13087.40だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE