Fリテイリ:11月の国内ユニクロ既存店売上高は14.5%減

衣料品アジア最大手ファーストリテ イリングの11月の国内ユニクロ既存店売上高は、前年同月比14.5%減 と4カ月連続で前年を下回った。販促活動は好調だったものの前年同月 の水準に及ばなかった。

広報担当の長谷太介氏はブルームバーグニュースの電話取材に対し 「悪い数字とは思っていない。主力製品のウルトラライトダウンやヒー トテックなどの売り上げは好調」と述べ、前年同月が好調だったため、 減少となった点を強調した。ファーストリテイリングは11月20日の売 上高102億円と1日当たりの過去最高額を記録したことを明らかにして いた。

スタッツインベストメントマネジメントの大木昌光ファンドマネジ ャーは「10%増か悪くても横ばいぐらいかと思っていたのでネガティブ サプライズだ」と話し、天候も悪くなかった中での減少要因を見極めた いとしている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE