ソフトバンク株が3年8カ月ぶり3000円台、野村証は強気のコメント

国内携帯電話3位ソフトバンクの株 価が続伸、一時前日比2.3%高の3010円と、2007年4月5日の取引中 に3010円をつけて以来、3年8カ月ぶりに3000円台を回復した。野村 証券は1日、全額出資先のPHS会社ウィルコムが事業戦略を発表した 点に関連し、携帯電話事業などについて強気の見方を示した。

午後2時7分現在の株価は前日比62円(2.1%)高の3005円で、 売買代金は295億円と、国内の上場株式で2位となっている。

野村証券金融経済研究所の増野大作アナリストは1日付のリポー トで、ウィルコムの更生計画が始動し、他社の携帯・固定向けでも通話 定額とするサービスを3日から全国展開する「インパクトは大きい」と 指摘。ウィルコムは更生中でソフトバンクの連結業績には反映されない ものの、出資で会社を取り込めたことは「携帯事業の価値を大いに向上 させる」との認識を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE