中国人民元、アジア通貨で最大の値上がり-安定した上昇トレンドに

中国人民元はアジア通貨の中で最 も大きく上昇している。UOBアセット・マネジメントやユニオン・ インベストメントなどは、世界最大の外貨準備に支えられて、人民元 が欧州債務危機の拡大や朝鮮半島の緊張を乗り切ると予想している。

人民元は米ドルに対し、過去1カ月で約0.4%上昇。韓国ウォン は3%余り下落した。元の上昇率は新興市場国・地域の25通貨中、チ リ・ペソに次いで2位だった。

ブルームバーグがまとめたストラテジストの予想中央値では、元 は来年末までに6.6%上昇し、ブラジル、ロシア、インド、中国で構 成するBRICs諸国の通貨で最も値上がりする見込みだ。中国政府 が今週香港で実施した50億元(約630億円)の国債入札は、応札倍率 が10倍に達し、人民元に対する世界的な需要の拡大が示された。香港 金融管理局(HKMA)の11月30日の発表によると、10月の香港の 元建て預金額は45%増の2170億元と過去最高となった。

UOBアセットの債券担当アシスタントディレクター、チア・ツ ェ・チャーン氏(シンガポール在勤)は「元は非常に安定した上昇ト レンドに乗っている」と指摘。「中国は元が対ドルで毎年4-5%上昇 することに満足している」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE