コマツ株が高値、インドネシアで増産の報道-三菱U証は株価引き上げ

建設機械世界第2位のコマツの株価 が続伸。一時は前日比96円(4.1%)高の2432円と2008年8月以来、約 2年3カ月ぶりの高値を付けた。インドネシア工場の増産が伝えられて いるほか、三菱UFJモルガン・スタンレー証券が1日付で目標株価 を2600円から2900円に引き上げたことも株価を後押ししている。投資判 断は「アウトパフォーム」を継続。

2日付の日刊工業新聞は、コマツがインドネシアにある部品再生 (リマン)工場の2011年度の年産能力を09年度比70%増の1700台規模に 引き上げ、新興国での販売・サービス体制を整える方針だと報じた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE