米消費者のスマートフォン購入希望首位はiPhone-ニールセン

米アップルの「iPhone(ア イフォーン)」は、カナダのリサーチ・イン・モーション(RIM) の「ブラックベリー」や米グーグルの携帯端末向け基本ソフト(OS) 「アンドロイド」の搭載機種を抑え、スマートフォン(多機能携帯電 話)購入予定者の中で一番人気が高いことがニールセンの調査で明 らかになった。消費者は年末の休暇シーズンに向け、買い物の準備を している。

ニールセンが8-10月にスマートフォン購入を予定している米買 い物客を対象に行った調査で、30%がiPhoneを買い求めたいと 回答。グーグルのアンドロイド搭載機種は28%で2位につけた。ブラ ックベリーの希望者は約13%、マイクロソフトの携帯向けOS「ウィ ンドウズ」を搭載した端末は6%だった。

ニールセンによると、10月末時点で米携帯電話契約者の約3分の 1がスマートフォンを所有していた。機種別では、アイフォーンが

27.9%、ブラックベリーが27.4%、アンドロイド端末は22.7%。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE