アジア勢11月米自動車販売:ホンダや日産、現代自が好調-トヨタ減少

11月の米自動車販売は、アジア 勢ではホンダや日産自動車、韓国のヒュンダイモーターカンパニー (現代自動車)が好調だった。ライトトラックの需要拡大が追い風と なった。一方、トヨタ自動車は2カ月連続で販売を減らした。

米自動車販売4位のホンダは11月に前年同月比21%増、日産は 27%増となり、現代自動車は45%の伸びを記録した。トヨタは3.3% 減。

ケリー・ブルー・ブックのアナリスト、ジェームズ・ベル氏は、 「トヨタには二つの問題がある。リコール(無料の回収・修理)の影 響から脱しつつあるなか、他社製品との競争が激しくなっている」と 指摘。「リコールでイメージに傷がつき」、現代自動車のソナタや日 産のアルティマ、ゼネラル・モーターズ(GM)のシボレー・クルー ズに「消費者は目を向けるようになった」と述べた。

米自動車業界分析会社オートデータによると、11月の業界全体の 米自動車販売台数は年率換算で1230万台と、10月の実績と並んだ。 10月は米政府が2009年に実施した買い替え奨励策以降で最高だった。 スポーツ型多目的車(SUV)やクロスオーバー、ピックアップトラ ックの需要に支えられてライトトラックが前年同月比27%増加した。 一方、乗用車は7.4%増にとどまった。

アジア勢の11月の販売台数は合わせて前年同月比15.8%増の40 万358台となったが、伸び率は業界全体(16.9%)を下回った。オー トデータによると、日本と韓国の自動車メーカーの市場シェアは0.5 ポイント低下の45.8%。

トヨタの販売台数は12万9317台と、前年同月の13万3700台 から減少した。オートデータによると、市場シェアは14.8%と、前年 同月の17.9%から低下した。

ホンダは8万9617台で、前年同月の7万4003台を上回った。市 場シェアも0.4ポイント上昇して10.3%。

日産は7万1366台と、前年同月の5万6288台から伸びた。シェ アも8.2%(前年同月7.5%)に拡大した。

現代自動車は4万723台(前年同月2万8045台)と、10月とし ては過去最高だった。シェアも4.7%(同3.8%)に上昇した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE