アジア株:上昇、約2週間ぶり大幅高-米経済指標など好感

2日のアジア株式相場は上昇。指 標のMSCIアジア太平洋指数は約2週間ぶりの大幅高となっている。 米国の経済統計の内容が良かったことに加え、欧州債務危機拡大に歯 止めがかかるとの観測を受け、世界の景気回復への信頼感が高まった。

海外の売り上げが全体の70%を占めるソニーが堅調。11月の米 民間部門の雇用者数の増加や同月の米供給管理協会(ISM)製造業 景況指数が製造業活動の拡大を示したのが手掛かり。米国の住宅パネ ル販売で最大手のジェームズ・ハーディー・インダストリーズはシド ニー市場で3.6%高。世界最大の鉱山会社、英オーストラリア系BH Pビリトンは2.3%高。石油や金属の値上がりを好感した。

MSCIアジア太平洋指数は日本時間午前9時10分現在、前日 比1%高の131.12。指数構成銘柄のうち値上がりと値下がりの割合 は約10対1。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE