ラッカー総裁:FRBの情報開示、透明性向上へ「好ましい一歩」

米リッチモンド連銀のラッカー総 裁は、金融危機下で実施された緊急支援先の企業名を米連邦準備制度 理事会(FRB)が1日に開示したことについて、透明性の向上へ「好 ましい一歩」であり、納税者に対する説明責任を政策当局がいかに果 たしているかを示すものだと述べた。

同総裁はこの日、ブルームバーグ・ラジオのインタビューで語っ た。FRBは議会の要請に応じ、戦後最悪の金融危機を食い止めるた めに実施した3兆3000億ドル(約280兆円)の緊急支援約2万1000 件について、支援先など詳細を開示した。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 関根裕之 Hiroyuki Sekine +81-3-3201-7850 hsekine@bloomberg.net Editor:Keiko Kambara 記事に関する記者への問い合わせ先: Steve Matthews in Atlanta at +1-404-507-1310 or smatthews@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Andrew J. Barden at +1-613-667-4804 or barden@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE