米国株:反発、3カ月ぶり大幅高-経済統計の改善で

米株式相場は反発。S&P500種 株価指数は3カ月ぶりの大幅高となった。経済指標が改善を示したこ とや、より大規模な欧州の救済に関する観測を手掛かりに買いが優勢 になった。

シュルンベルジェとダウ・ケミカルが大幅高。商品価格の上昇が 追い風になった。ユナイテッド・テクノロジーズ(UTX)とゼネラ ル・エレクトリック(GE)も高い。ドイツ銀行は両社がエアバスに よる新型エンジン搭載の航空機「A320」開発計画で恩恵を受けると 指摘した。モトローラは来年1月に会社を2分割する計画の詳細を発 表したことが好感され、買い進まれた。マイクロソフトも値上がり。 同社は家庭用ゲーム機「Xbox」部門について、2011年は「これま でで最高の年」になるとの見通しを示した。

S&P500種株価指数は前日比2.2%高の1206.07。9月1日以 来の大幅な上げとなった。ダウ工業株30種平均は249.76ドル (2.3%)上昇の11255.78ドル。

プルデンシャル・インターナショナル・インベストメンツ・アド バイザーズ(米ニュージャージー州ニューアーク)のチーフ投資スト ラテジスト、ジョン・プラビーン氏は、「回復は進行している」と指 摘。「経済統計の質は改善している。中国が速いペースで成長するな か、商品に積極的な買いがみられる。欧州に関する懸念はやや緩和さ れており、これらすべてが株価上昇を促した」と述べた。

12月の上昇

調査会社ビスポーク・インベストメント・グループがまとめたデ ータによると、ダウ30種平均は過去1世紀にわたり、12月が最も上 昇する。同データによれば、過去100年間の12月の上昇率は平均で

1.3%。過去50年では1.5%、過去20年では1.7%値上がりしてい る。

米株式相場は、アジアや欧州での株高の流れを引き継いだ。中国 物流購買連合会が発表した11月の製造業購買担当者指数は4カ月連続 で伸びが加速。マークイット・エコノミクスによると、11月のユーロ 圏製造業景気指数(改定値)は4カ月ぶりの高い伸びとなった。

米国で給与明細書作成代行会社のADPが民間雇用者数を発表す ると、株価は上げ幅を拡大した。ADPの集計調査によると、11月の 米民間部門の雇用者数は前月比で9万3000人増と、2007年11月以 降で最大の伸びを記録した。ブルームバーグがまとめたエコノミスト の予想中央値は7万人の増加だった。10月は8万2000人増と、速報 値の4万3000人増から上方修正された。この統計を受けて、政府の 雇用統計発表を2日後に控え、労働市場に対する楽観的な見方が広が った。

買い安心感

LPLファイナンシャルのバート・ホワイト最高投資責任者(C IO)は、「買い安心感が広がった」と指摘。「金曜日に発表される 雇用統計を控え、ADPの統計は良い前兆といえる。中国では力強さ がみられるほか、欧州の状況も一段と透明になってきた。米株式相場 は先にみられた軟調な展開から再びピッチを上げてくると予想される」 と述べた。

S&P500種のエネルギーと素材株指数はいずれも大きく上昇。 ドルの下落で、商品が値上がりしたことが背景。油田サービス最大手 のシュルンベルジェは4.5%高。ダウ・ケミカルは4%上昇。

欧州金融安定ファシリティー(EFSF)の規模を国際通貨基金 (IMF)からの拠出増額を通じて拡大する案を米国は支持する用意 があると、ロイター通信が報じたことも株価上昇のきっかけとなった。 同報道では情報源は明示していない。米当局者の1人はブルームバー グに対し、IMFによる一段の資金面での貢献について米国は協議し ていないと述べた。

ユナイテッド・テクノロジーズ(UTX)は4%高。ドイツ銀行 は、欧州の航空機メーカー、エアバスによる燃費効率の高いエンジン を搭載したA320シリーズの新型機開発計画について、UTXおよび GEにとっては「プラス」になると指摘した。GEは3%上昇。

モトローラは4.5%高。米携帯電話メーカーの同社は2分割につ ながるスピンオフ(分離・独立)を来年1月4日に完了するとし、既 存株主に割り当てて新会社2社の新株を発行すると明らかにした。

マイクロソフトは3.1%高。同社Xbox部門のデニス・ダーキ ン最高執行責任者(COO)は、ゲーム事業が今後5-10年に急激に 成長すると予想。同氏はこの日、クレディ・スイス・グループの会議 でコメントした。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE