米リッチモンド連銀総裁:米国の為替介入「恒久的停止」が望ましい

米リッチモンド連銀のラッカー 総裁は、米国は為替市場に介入しなくなったが、この姿勢を変更する ような動きは歓迎しないと述べた。

同総裁はブルームバーグラジオのインタビューで、「介入見送り は恒久的な停止であってほしい」と語った。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ニューヨーク 大塚 美佳 Mika Otsuka +1-212-617-5823 motsuka3@bloomberg.net Editor:Akiko Nishimae 記事に関する記者への問い合わせ先: Steve Matthews in Atlanta at +1-404-507-1310 or smatthews@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Andrew J. Barden at +1-613-667-4804 or barden@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE