米リッチモンド連銀総裁:11年は約3%成長-失業率はゆっくり低下

米リッチモンド連銀のラッカー裁 は、来年の米経済成長率が約2.75-3%になるとの見通しを示した。

ラッカー総裁は1日、ブルームバーグラジオのインタビューで、 失業率は「ゆっくり」低下すると予想。失業率が来年、約9%に低下 する確率は「五分五分」だと述べた。

ブルームバーグ・ニュースが11月に実施したエコノミスト調査で は、来年の失業率は9.3%(平均値)と見込まれている。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ニューヨーク 森 茂生 Shigeki Mori +1-212-617-6107 smori1@bloomberg.net Editor:Akiko Nishimae 記事に関する記者への問い合わせ先: Steve Matthews in Atlanta at +1-404-507-1310 or smatthews@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Andrew J. Barden at +1-613-667-4804 or barden@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE