米モルガンS:中国国際金融との資本提携解消、株式を売却へ-関係者

米モルガン・スタンレーは

34.3%を出資する中国国際金融(CICC)の株式を、プライベー トエクイティ(PE、未公開株)投資会社のTPGキャピタルとKK Rのほか、シンガポールの生命保険会社グレート・イースタン・ホー ルディングス、およびシンガポールの政府系ファンドに売却する。同 計画に詳しい関係者4人が明らかにした。

正式発表前であることを理由に関係者が匿名で語ったところによ ると、モルガン・スタンレーはTPGとKKRにそれぞれ同保有株の 約10%を売却する。グレート・イースタンには約5%を売却し、残 りはシンガポールの政府系ファンドが取得するという。関係者のうち の2人によれば、CICC株34.3%は約10億ドル(約840億円) に相当する。

今回の計画により、モルガン・スタンレーはCICCとの15年 に及ぶ資本提携の解消に近づく。CICCは中国で初めて外資との合 弁で設立された投資銀行。モルガン・スタンレーは中国で新たな提携 先を模索、もしくは自社の投資銀行を立ち上げることが可能になる。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE