中国:朝鮮半島情勢への冷静な対応、あらためて呼び掛け-楊外相

中国は1日、朝鮮半島情勢につい て、あらためて冷静な対応と自制を呼び掛けた。黄海での米韓合同軍 事演習に米空母も投入される中、北朝鮮当局者が訪中した。

中国国営の新華社通信によれば、楊潔チ外相は北京で開催された フォーラムで「関係各国は冷静な対応と自制を続け、対話と交渉の軌 道に状況を戻すよう努める必要がある」と述べた。

北朝鮮の崔泰福労働党書記(最高人民会議議長)は1日、北京で 中国側の要人と会談。北朝鮮が11月23日に韓国の延坪島を砲撃し、 韓国側に民間人を含む4人の死者が出たことを受け、中国は同月28 日、朝鮮半島の緊張緩和に向け、北朝鮮の核問題をめぐる6カ国協議 の首席代表による緊急会合を提案した。

米国は韓国との結束を示すため黄海に空母を展開し、韓国軍との 軍事演習を展開している。

新華社は、楊外相が北京で6カ国による緊急会合が開催されれば、 「現在の緊張の緩和に寄与」するだろうと話したと伝えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE