中国の11月インフレ率、再び株価の波乱要因となる恐れ-BOA

中国の11月のインフレ率が5%に加 速する公算が大きいとバンク・オブ・アメリカ(BOA)メリルリンチ のエコノミストが予想している。同社のエコノミスト、ティン・ルー氏 はリポートで、「市場はインフレの加速を完全に織り込んでいるようだ が、それでも11月の消費者物価指数(CPI)上昇率の発表は再び市場 の波乱要因になるだろう」と指摘した。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 内田良治 Ryoji Uchida +81-3-3201-3396 ruchida2@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE